シェアオフィス・コワーキングスペースYAMATO BASE

CREARTH(クリアース)|奈良市の住宅店舗リフォーム会社 ⁄ 施工事例 ⁄ テイスト ⁄ おしゃれ ⁄ シェアオフィス・コワーキングスペースYAMATO BASE

施工日:2022年2月 施工地域:奈良市

カテゴリー:+++++++++++++

新規開業のシェアオフィスのデザイン・施工のご相談で、ビルオーナー様よりお電話をいただきました。弊社が取材を受けたテレビ番組をきっかけに、弊社ホームページをご覧になられてとのことでした。共同経営者のコワーキングスペース運営事業者様とご一緒に、事務所にお越しくださり、過去の施工事例をもとに、デザイン一任の流れとなりました。
全体のうち、弊社が請け負ったのはフリーアドレスエリア、エントランスの二つです。

【フリーアドレスエリア】
元はコンクリートの躯体剥き出しのスケルトン物件でした。そのままでもかっこいい空間ですが、ここから、無骨だけに終わらない、洗練された空間へと作りかえていきます。
窓辺席のコンクリート柱はブリックタイルとモルタルで装飾し、N.Y.ブルックリンのスタジオ風に。窓から望む三条通の景色が、一味違って映ります。
レンタルオフィスエリアとの間仕切り壁は、柱のブリックタイルと揃え、斜め張りにした足場板で抜け感を出しました。
壁に並ぶ三枚の鉄板は、切り抜きロゴがバックライトで光る仕様。鉄板に見えて、ベースは実はベニヤ板。エイジング塗装で、サビまで再現しています。
天井のコンクリートは黒に塗装し、床のコンクリートはラフな質感をそのまま残し、防塵クリア塗装で仕上げました。

観葉植物は、働く人と空間に潤いを与える必須アイテムです。中央の大テーブルを、向かい合う人の目線をグリーンで回避するデザインにし、真ん中にプランターを組み込んだ植栽コンビネーションテーブルを造作しました。天面には1席2個ずつコンセント差込口を設けています。窓辺のテーブルも造作で統一しています。

【エントランス】
エレベーターが開いて、真っ先に目に飛び込む景色。第一印象はここで決まります。モルタル造形で土台の顔をつくり、鉄板切り文字で店舗名・ロゴを合わせています。幾重に重なり合うパーツのそれぞれが、スポットライトを浴びて、より立体的に浮かび上がっています。
事務的だった空間が、活動的なエントランスに生まれ変わりました。

_______________________
お引渡し後、オーナー様は、光触媒のグリーンを配置し、お好みのチェア、絵画、小物で空間に彩りを添えられました。
2022年3月15日のオープニングセレモニーではフリーアドレスエリアを会場に起業家トークセッションが開催され、満席、盛況のこけら落としでした。
このたびは開業おめでとうございます。今後ますますのご繁盛をお祈りしております。ご用命、誠にありがとうございました。

YAMATO BASE(ヤマト ベース)
奈良市三条町475 松田ビル2階(JR奈良駅前三条通沿い 1階セブンイレブンが目印です)
2022年3月15日オープン

お客様の声

「元々のスケルトンの雰囲気が活かされた空間に仕上がっていて、テーブル、壁、グリーン、エントランス、看板…ご提案いただいたもの、どれも満足しています。フリーアドレスエリアはオープン前の内覧から会員登録のペースが早く、順調に増えています。お越しいただいた方々には、『グリーンいっぱいの中央テーブルにインパクトがある』『全体にゆったりした造りがいい』とご好評いただいています。このたびはありがとうございました」。(松田ビルオーナー 松田様)

お問い合わせ・来店予約

弊社事務所は、外から見ると、カフェ?美容室?家?…何屋さん?と不思議に思われる建物です。
ぜひ、見学を兼ねてご来店ください

詳細はこちら