【住宅デザイン】空間で自分を追い込む!ワークスペースと一緒に考えたい「宅トレ」スペース

CREARTH(クリアース)|奈良市の住宅店舗リフォーム会社 ⁄ コラム ⁄ 住宅デザイン ⁄ 【住宅デザイン】空間で自分を追い込む!ワークスペースと一緒に考えたい「宅トレ」スペース

2022/04/28 : 住宅デザイン

リモートワークでカラダ鈍っていませんか?

自宅で仕事して、食べて、家事して、ゴロッとして。
一続きの生活空間ですべてをこなす。
気分転換はおやつをつまむことぐらい。
リモート生活で、いつしか5キロ太っていたー。
ONとOFFの境目がなくなれば、どんな人でも煮詰まります。

そんなときは外堀から固める。

住環境にメリハリを加えて、自分を調整しましょう。
空間にメリハリをつけると、身体や生活リズムにもメリハリがついてきます。

リモート生活で確保するのは、ワークスペースだけでは足りません。
セットで取り入れたいのが「宅トレ」(自宅トレーニング)スペース。

視界に余計なものを入れない。

リモートワークにおいても、宅トレにおいても、重要なポイントです。

宅トレに最適!モルタル空間で自分を追い込む

宅トレ経験者のみなさんは、無理なくトレーニング継続できていますか?
日常生活環境には誘惑がいっぱいですよね。

あ、テレビ始まっちゃった。
もうちょっとソファで横になってから。
メールチェックしてから。

ジムへの移動が浮いて、手軽な反面、自宅にはトレーニングをサボる口実がいっぱい!
トレーニングより、誘惑を断ち切る方が、強いメンタルが必要だったり。

モルタルで、宅トレ用のストイックな空間を設けてみませんか。
部屋に入ると、壁から、そして床から、モルタルが放つクールな空気が肌をつたって、キュッと身が引き締まります。
雑念の入る余地がありません。
感覚を研ぎ澄まして、トレーニングに全集中できます。
例えばこの写真の部屋では、床・壁ともにモルタル仕上げで、アクセントとして壁の一面にモルタル造形を入れています。
古木、鉄くぎ、ブロックをモルタルで形成したデザインです。

「空間で自分を追い込む」。

リノベーションで、まず部屋についた贅肉をそぎ落とす。

外堀から固めていくのも、宅トレ継続のひとつの方法です。

 

オンラインパーソナルトレーニングでも、この映える空間は威力を発揮します。
左官職人がつくりだす不規則な濃淡は、壁紙では出せない奥行きと味わいがあります。
モルタルを背景に、二割増しカッコいい、研ぎ澄まされた自分。
画面の先のトレーナーさんに、ストイックな空間との相乗効果を見てもらいましょう!

壁一面から手軽に始める!ボルダリング

普段の遊び感覚で、手軽に楽しく。子どもと一緒に。
ならば、自宅の壁をボルダリングにするのはいかがでしょうか。

ボルダリングは頭と身体を同時に働かせる知育スポーツで、普段使わない筋肉を動かす全身運動により、消費カロリーは水泳の1.3倍だそう。
筋力だけを必要とするマッチョスポーツではなく、柔軟性やバランス感覚、思考力も養われ、子どもも大人も一緒に楽しめるのが良いところ。
リビング、子ども部屋、階段、お好きな壁面に取付できます。

孫が遊びに来た時に。
雨の日の室内遊びに。
隙間時間に自宅でビール腹を引き締めたい。

家族みんなで活用できる、ボルダリングの壁面リノベーション。
パネルとホールドは、デザイン・色展開が豊富で、インテリアに合わせることができます。
落下ケガ防止のため、安全な取付には工務店、大工さんへの依頼をお勧めします。

 

 

お問い合わせ・来店予約

弊社事務所は、外から見ると、カフェ?美容室?家?…何屋さん?と不思議に思われる建物です。
ぜひ、見学を兼ねてご来店ください

詳細はこちら